当事務所の得意分野

当事務所は、『知的資産経営』(=強みの源泉を見つけ、活かす)によるコンサルティングを得意としており、「知的資産経営報告書」作成支援では、茨城県No.1の実績です!

●知的資産 とは?
「知的資産」とは特許やブランド、 ノウハウなどの「知的財産」と同義ではなく、それらを一部に含み、さらに組織力、人材、技術、経営理念、顧客等とのネットワークなど、 財務諸表には表れてこない目に見えにくい経営資源の総称を指します。「知的資産」は企業の本当の価値・強みであり、企業競争力の源泉です。企業経営・活動は、知的資産の活用なしには成り立たないものなのです。

●知的資産経営 とは?
そのようなそれぞれの会社の強み(知的資産)をしっかりと把握し、活用することで業績の向上や、会社の価値向上に結びつけることが「知的資産経営」なのです。
企業が勝ち残っていくためには、差別化による競争優位の源泉を確保することが必要です。差別化を図る手段は色々ありますが、 特に大きなコストをかけなくても身の回りにある「知的資産(見えざる資産)」を活用することによって、他社との差別化を継続的に実現することができ、 ひいては経営の質や企業価値を高めることができるのです。
●知的資産経営報告書 とは?
「知的資産経営報告書」とは、企業が有する技術、ノウハウ、人材など重要な知的資産の認識・評価を行い、それらをどのように活用して企業の価値創造につなげていくかを示す報告書です。過去から現在における企業の価値創造プロセスだけでなく、 将来の中期的な価値創造プロセスをも明らかにすることで、企業の価値創造の流れをより信頼性をもって説明するものです。
●知的資産経営報告書 の活用事例
  • 事業承継
  • 新規営業開拓
  • 資金調達
  • 企業間連携
  • M&A
  • 従業員教育

出典:近畿経済産業局「知的資産経営のすすめ」
●つくば市の知的資産経営支援
つくば市の知的資産経営報告書作成支援をさせていただいております。
http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14216/14364/016818.html
●お客様の声
当社の「強み」や「弱み」を捉えることができましたし、当社がかかえている課題や改善点も見えてきました。  
また、価値創造ストーリーを創作することで、強みの活かし方や目標を達成するためのテクニックなどが分かってきました。もっと売上を上げたい!もっと利益を出したい!取引先との互恵関係を長く続けたい!社員の育成・モチベーションアップ・スキルアップを図りたい!資金繰りを楽にしたい!金融機関との関係を大事にしたい!事業承継を円滑にしたい!これらは多くの中小企業が抱えている課題だと思います。
知的資産経営報告書は、この課題を解決してくれるすばらしい報告書(計画書)です。

S.P.エンジニアリング株式会社 代表取締役 泉 富栄



お知らせ

2018.09.02
平成31年度概算要求が発表されました!
2018.08.05
「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の2次募集が始まりました!
2018.07.05
「事業承継補助金(事業再編・事業統合支援型)、(後継者承継支援型?経営者交代タイプ?(2次公募)」の公募が始まりました!
2018.04.27
事業承継補助金(後継者交代タイプ)の公募が始まりました!
2018.04.04
事業承継税制が変わります!
2018.03.11
持続化補助金の公募が始まりました!
2018.02.28
ものづくり補助金の公募が始まりました!
2018.02.17
「下請中小企業・小規模事業者自立化支援対策費補助金」の公募がはじまりました!
2017.09.02
平成30年度概算要求が発表されました!
2017.04.10
事業承継マニュアルが公表されました!
2017.04.02
「会社を未来につなげる!10年先の会社を考えよう!」が公表されました!
2017.03.15
「中小企業・小規模事業者人手不足対応ガイドライン」が公表されました!
2016.12.08
事業承継ガイドラインが策定されました!
2016.11.15
ものづくり補助金の公募が始まりました!
2016.11.04
小規模事業者持続化補助金の公募が始まりました!
2016.10.12
「経営力向上計画」の認定事例が発表されています!
2016.08.31
平成29年度の概算要求が発表されました!
2016.06.22
「中小企業等経営強化法」による支援が始まります!
2016.04.01
(改正)承継円滑化法が施行されました!
2016.03.05
「中小企業等経営強化法案」が閣議決定されました!